家庭や企業を問わず大切な書類や、印鑑、現金など貴重品を保管している金庫。安心して貴重品をしまえる代わりに、鍵の場所や暗証番号がわからなくなると大変こまりますよね。

かといって身内の方全員に金庫の鍵を託したり、暗証番号を教えるわけにはいかないですよね。
そんなあなたに業者を呼ぶときに必要な知識や金庫にトラブルが発生するのを防止する方法などを解説したいと思います。
鍵の紛失や暗証番号を忘れたりすることは誰にでも起こり得ます。すぐに開けたい気持ちはわかりますが、焦らず適切に対処しましょう。
金庫は貴重品を安心して入れれる反面、使用頻度が少ない為に暗証番号などを忘れてしまわれる方が多いです。業者に依頼する前にできることをやってみましょう。
まずはスマートフォンなどで使用するパスワードや何かの記念日など、思いつく限りの番号を入力してみましょう。

身近な数字などを登録していることが多いです。
思いつく限りの暗証番号が違っている場合は金庫メーカーに問い合わせると暗証番号が聞けるかもしれません。
それでもダメなら鍵の専門業者に依頼し鍵を開けてもらいましょう。金庫の扉が開けば正確な暗証番号を調べることが出来るので今後も末永く金庫を使用することができます。
ダイヤルの番号が分かっているのに扉が開かない??

番号はメモを取ったりして分かっているのに金庫が開かない方はダイヤルの合わせ方を間違えている事が多いです。
一般的なダイヤルの合わせ方は

右へ4回、左へ3回、右へ2回、左へ1回

とゆう風にダイヤルを合わせていきます。
このダイヤルの合わせ方はあくまでも一般的な金庫の例であり、持っている金庫がこの合わせ方でも開かない場合は鍵の専門業者へ依頼しましょう。

テンキー式の金庫が開かない
テンキー式の金庫が開かない場合のよくある原因は、電池切れ・基盤の故障です。
まずテンキー式の金庫が開かなくなった場合は電池を交換しましょう。
もし電池を交換しても開かない場合は基盤の故障や断線が考えられます。
基本的に金庫は扉が開かないと設定の変更や修理などができません。したがって基盤が故障したり断線したりすると金庫を破壊しないと開かない事がほとんどです。
金庫を破壊して開けるのは一般の方がするには大変危険を伴う作業です。なのできちんと鍵の専門業者を手配して安全に開けてもらいましょう。
「家のカギを無くした」「車・バイクのカギを無くした」「金庫が開かない」
ご安心ください。あらゆる鍵のトラブルに対して、暮らしのミカタ110番へご連絡頂ければプロの鍵屋さんがあなたの力になります。

カテゴリー: