近年は技術の進歩のおかげで便利なものが増えてきました。
鍵も例外ではなく、オートロックを始め、暗証番号・カードキー・指紋認証や静脈認証などもあります。
シリンダー状も近年はディンプリシリンダーが主に使用されるようになり、建物の防犯性は十数年前に比べ遥かに向上しているのです。
ですが、利便性や防犯性の向上とは裏腹に鍵のトラブルは増加しています。

鍵のトラブルとは?

鍵のトラブルとは鍵の紛失や故障、不正開錠や空き巣による鍵の破壊などです。
鍵の防犯性や頑丈さが上がり不正開錠などのトラブルが減っていく一方で、電子錠やオートロックによるトラブルが増加しています。
オートロック付きの家に引越し、ゴミ出しなどの際に鍵を持たずに出てしまい締め出された、、などというトラブルが増えています。
さらに厄介なのが、鍵の防犯性が高すぎて簡単には家に入れない事です。

どんどん高くなっていく鍵屋さん

鍵を無くした時はポケットやカバンをひっくり返したり、来た道を戻ったりすると思います。ですが、どれだけ探しても見つからない時は鍵屋さんを呼ぶことになるでしょう。
しかし、鍵の進歩により以前に比べて鍵を開けることがどんどん難しくなっており、専用工具の開発や購入などで鍵開けの料金はどんどん高くなっています。
最悪の場合は鍵屋さんによっては開ける事が出来ないこともあるくらいです。どこにでもある鍵だろうと思っていても防犯性が高い鍵が付いていて費用がかさむ事があります。

自分で出来る対処法は?

玄関の鍵を開けるには外から開ける以外に、玄関以外の場所から入って中から開ける方法もあります。
一般の方が玄関以外の場所から入るには主に窓ガラスを割ることになりますが、窓の修理で一体いくらくらいかかるのでしょうか?
当社調べでは、小さい窓で約25,000円前後。ベランダなどの大きい窓になってくると50,000円前後になるようです。
それに比べ鍵開けの相場は20,000円前後と、ガラスを割るよりも安くつく事が多いです。
鍵の事で困った事があれば鍵屋さんに依頼しましょう。

最後に
いかがだったでしょうか?
安全性が高く安心して使用できる反面、万が一のトラブルの時には貴方のことを困らせてしまう事もあるのです。
暮らしのミカタ110番は100万件以上の実績による圧倒的な技術力とノウハウで鍵のトラブルを解決します。
鍵を無くした際はぜひご利用してください。

カテゴリー:
       

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です