近年、専門業社でない方がなにかを自分で作ったり修理したりするDIYが流行していますが、鍵もDIYで簡単に交換できます。
今回は鍵の交換方法や注意点を紹介していきます。

鍵の交換方法

まずは現在付いている鍵が交換可能なものかを調べましょう。鍵の種類や施工方法により特集工具や専門の知識が必要になる場合があります。
シリンダーやドアの側面についている鍵のプレートにメーカー名や型番が記されています。

型番がわかればメーカーサイトなどを覗いて交換できそうか調べましょう。電子錠や装飾錠などは専門知識が必要なことが多いので専門業者を手配しましょう。

鍵の取り外し


必要工具 は+ドライバーと−ドライバーだけで大丈夫です。まずは扉の側面についているプレートを外します。プレートが外れるとシリンダーに向いて刺さっているピンが二本ありますので、それを−ドライバーで引き抜きましょう。
シリンダーとハンドルが一体になっているタイプは、ハンドルについているネジを外すとハンドルが外せます。

取り付け

取り付け可能な鍵を用意し、取り外しと逆の手順で取り付けていきます。
ピンを差し込み、プレートを止めれば取り付けは完了です。
取り付け後は扉を開けた状態で、最初に付属している鍵が一本一本を差し込み全部の鍵で正常に動作するか確認しましょう。

作業は簡単ですが、、、

鍵のDIY交換の作業自体は比較的簡単に出来ますが、専門の知識がないと防犯性や利便性が交換前に比べ落ちる可能性があります。
ディスクシリンダー・ディスクシリンダーのディンプルタイプ・ピンシリンダー・ピンシリンダーのディンプルタイプなど鍵には様々なタイプがあります。これらを正しく選定し、取り付けをしないと交換前よりも使いにくくなったりします。

最後に

いかがだったでしょうか?
以上が下記の交換方法、交換に関する注意点です。

鍵交換の作業は素人の方でも簡単に行うことが出来ますが、採寸を間違って買ってしまったためにかえって出費がかさむ事もあります。

採寸があってるか不安、、
どんな鍵をつければいいかわからない、、
手先に自信がない、、

そんな方達は是非、暮らしのミカタ110番にご相談ください。
暮らしのミカタ110番は確かな技術であなたのミカタになります。
鍵交換はあらゆる鍵を知り尽くした我々にお任せください!

カテゴリー:
       

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です