盗聴の目的

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月2日
  • 盗聴
  • 69View
盗聴犯の目的は主に3つ種類に分かれると考えられます。
  • 自分の好奇心を満たすため。
  • 他人に危害を加えるため。
  • 他人を監視するため。

この3つの名から盗聴犯の心理によってさらに細分化できます。自分の好奇心を満たすものであれば、いたずら気分で仕掛けたりすることや、盗聴すること自体が楽しいといった場合もあります。危害を加えるためでは、ストーカー目的があります。この場合対象になって人物の音声を聞きたいので盗聴器は持ち物に仕掛ける傾向が強くなります。盗聴には身内が仕掛けるケースもあり親が子供の監視のために仕掛けたり、恋人の浮気を疑っている人がパートナーの部屋に仕掛けたりということが考えられます。

盗聴器の目的は一つではありません。中にはなぜ被害に遭わなければいけないか、理由がわからない場合もあります。