盗聴器の種類

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月2日
  • 盗聴
  • 4View
盗聴器の種類として現在6つの種類が存在します。
  • 一番多く普及しているのがアナログ式盗聴器でアナログ波を発信するタイプの盗聴器です。盗聴に使われる使用頻度が高く発見もそこまで難しくはありません。
  • デジタル式の盗聴器はデジタル波を使用しどケータイの電波が届く範囲ならどこからでも音声を聞くことができます。
  • 録音式盗聴はアナログ式盗聴の次に普及している盗聴器で、家電量販店などで売っているボイスレコダーのことです。
  • 優先式盗聴器とは、マイク本体と接続した録音機で高性能なものになると少々の壁の厚さなら問題なく盗聴してしまうなど、予防が難しい盗聴器です。
  • リモコン式盗聴器はリモコンでONとOFFの切り替えができる盗聴器です。OFFの状態では電波発信しないので発見が困難な盗聴器です。
  • 偽装式盗聴器は他の物に偽装された盗聴器です。ペンやコンセントタップ、電卓型などの偽装盗聴器が存在します。