盗聴器発見器の種類

  • 2020年1月2日
  • 盗聴
  • 57View
盗聴器発見器は、電波の種類や機能によって3つのタイプに分けられます。
  • あらゆる電波を感知する全周波数関知型は低い周波数から高い周波数まであらゆる電波を感知するタイプです。安価で入手しやすいのも特徴です、盗聴器だけでなく電波が発せられている機械に近づけると反応してしまいます。
  • 盗聴器に多い周波数帯の電波のみ感知する特定周波関知型は余計な電波に反応しませんが、電話の子機などにも反応するため反応しているものを確認しながら探しましょう。このタイプに感知できない盗聴器も存在しています。
  • 実際に盗聴されている音声を受信する盗聴音声受信型は実際に盗聴されている音声を傍受し盗聴器を探すものです。盗聴音声を見分けるためには経験が必要になってきます。