空き巣に入られやすい家の特徴

  • 2020年1月2日
  • 防犯
  • 7View
空き巣は窃盗の成功率を高めるために下見をします。

前提としてデータの取りやすい家は、格好の的になります。意外に感じるかもしれませんが、人が従来する公園などが周りにあれば一般の方に紛れ下見をしやすい環境と言えるでしょう。人が従来するまた、線路や新幹線の線路沿いであれば車両が通った際の音に紛れて、窓を破って侵入しやく空き巣のターゲットになりやすくなります。

また、新興住宅地の近くで工事中の音に紛れ侵入するケースや、近くに銀行などがない場合は現金を自宅に置いているだろうと考えらます。四方に囲まれた家も空き巣に入りやすい立地と言えます。

逃走経路の確保が容易で隣の家から飛び移っての移動が可能で泥棒にとって好条件と言えるでしょう。