窓のクレセント錠が閉まらない時の対処について

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月2日
  • ガラス
  • 85View

窓のクレセント錠が閉まらない原因は、経年劣化により鍵が、がたつきゆるくなってしまたり、逆に締まりがきつすぎて鍵の動きが悪い事がほとんどです。対処方法は業者に依頼するだけでなく、ドライバーさえあれば自分で調整することも可能です。

  • まずは受け金具側から調整します。
  • 受け金具のネジをドライバーでゆるめ適度な位置に移動し、ネジを締め直します。クレセント錠は錠を覆っているカバーを外しドライバーでネジを緩めましょう。
  • 両方のネジを外すと金具が落ちてしまうのでゆるめすぎないように調整しながら、鍵を動かし受け具側に掛けられるように調整すれば完了です。

もし、クレセント錠本体がガタついている場合は新しいものに交換しましょう。 もし鍵に違和感を感じたらクレセント錠の調整をしてあげましょう。