NO IMAGE

管球交換しても電気がつかない時の対処

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月2日
  • 電気
  • 1View

新品の電球に交換したが電気がつかない場合の原因はいくつか考えられます。電源部の故障が原因の一つとして考えられます。10年以上使用しものであれば照明器具自体の故障を疑ってみましょう。配線コードのゴム素材は、経年劣化により破損してしまうことがあります。劣化により電気が通れず電球がつかないという場合も考えられます。また、指定外の電球を使用してしまう事で、電源部が故障してしまう場合も考えられます。指定の電球を使用しているか一度確認してみましょう。その他の原因としてスイッチの故障も考えられます。今まで通常通りに使えていたがスイッチを押す際に違和感があれば一度チェックしてみましょう。また、スイッチ内の配線の故障も考えられます。この場合は業者の方に依頼しなければ修理できません。