防犯センサーについて

  • 2020年1月2日
  • 防犯
  • 144View
防犯センサーとは侵入者や侵入行為を発見するために設けられた装置のことです。

主な種類としてか破壊音または振動で作動するガラス破壊センサーや、窓や扉が開いた際に作動するマグネットスイッチセンサー、人体が放出する赤外線を受信して作動するパッシブセンサー、赤外線ビームを発射し、ビームを反射したり、遮った時に作動するアクティブセンサーあります。住宅の玄関や窓に付けられるタイプは、人が近くと反応するのですが、犬や猫などの動物や落ち葉には反応しないアクティブセンサーの人気が高い傾向にあります。

防犯センサーは空き巣への威嚇効果があり、周囲に異常を知らせてくれます。また複数設置することで防犯性を飛躍的に上げる効果があります。