GPS発信器の種類

  • 2020年1月2日
  • 盗聴
  • 4View
GPS発信機には大きく分けると2種類あります。
  • リアルタイム型
  • ロガー型

この2種類です。リアルタイム型は24時間対象者の現在地とルートをリアルタイムで確認することができます。子供の通学や、営業のルート確認、浮気調査など場所とルートを確認したい場合に有効なタイプです。山奥などに入ることで圏外になる可能性がある時は自動位置情報保存の機能があるGPSを選ぶと便利です。

ロガー型は知りたい時にチェックする手動検索タイプのGPS発信機です。常に現在位置を把握する必要がない場合に使用されるタイプです。最近では財布や鍵に使用することで、無くした場合に検索するというような使い方ができます。子供が迷子になった場合や高齢者の徘徊にも有効なタイプです。