NO IMAGE

カラス被害対策

  • 2020年1月3日
  • 2020年1月3日
  • 害虫
  • 5View

カラスは学習能力が高い生き物です。鳥類のなかでは脳が発達しており7歳の子供の知能と同等という研究結果もあります。カラスの被害で多いものが農作物被害、鳴き声などの騒音や人に対しての攻撃などが挙げられますが、一番多いのはゴミの散らかしです。生ゴミはカラスにとってエサになります。都会でカラスが増えた原因は生ゴミを食べていることが理由です。一番の解決方法はゴミに近づけないよう物理的な対策をとることが近道です。ゴミ収集所をフェンスで囲うなどの対策ができれば良いのですが難しい場合もあるでしょう。そういった場合はゴミだしの収集日、時間を守ることや防鳥ネットやブルーシートなどを利用し視覚的にゴミが見えないようにするなどの対策が有効です。