NO IMAGE

ガスコンロの火が途中で消える原因対処

  • 2020年1月3日
  • ガス
  • 25View

ガスコンロで点火はするが、すぐに消える場合は安全装置や、温度センサーが作動しすることで火がすぐ消える原因になっている場合が考えられます。安全装置は火が途中で消える原因の中でもととも多い理由になっています。安全装置は少し濡れていても反応することがあり、コンロを安全に使う機能なのです。薄めた洗剤を使用しぬ布で拭くことで解決することができます。温度センサーは温度が上がりすぎた際に弱火にしてくたりするものですが、温度が高い場合にも消化機能が働く場合もあります。温度センサーが汚れている場合でも焦げたと誤検知してしまう場合があるため消化してします原因となります。この場合も布などで汚れを拭き取ってあげましょう。その他にもガスホースが曲がっていることでガスが正常に送られてこずに、火が消える場合は正常な角度に戻してあげましょう。乾電池が切れている場合も考えます。一度新品に交換してみましょう。また、部品の取り付けが悪い可能性があります、すべての部品がしっかり接続されているかチェックしてみましょう。これだけチェックしても原因がわからない時は故障の可能性があります。修理や点検を業者に依頼しましょう。