NO IMAGE

鍵の寿命について

  • 2020年1月3日
  • 34View
NO IMAGE

一般的なカギの寿命は10年となりお手入れをすることで寿命が伸びたり減ったりします。これは鍵穴も同様に10年あたりが寿命となり、潤滑剤をスプレーしたり、汚れを落としたりすることで寿命が伸びたりしますが、鍵穴に埃や砂が混入するなどをした場合、寿命が減少しますので必ずしも10年持つということではないです。また、電子キーなどの機械的なカギであれば、メンテナンスを必要としていて電気的なトラブルが起きれば即座に寿命を迎えることもありますので電子タイプのカギについては寿命は不明です。電子タイプの場合、バーコードリーダータイプの他指紋認証などがありますが、水で濡れるなどをした場合、損傷することもありますので寿命という概念は無いと言ってよいです。